広島県の写真家、ササキ タケシ。
SASAKI TAKESHI
Official Website

活動歴

フランス・パリで本物の日本の神前式を初披露

 今回7月2~5日の4日間、ファッションの街パリで、白無垢での本物の神前式を魅せてきた。
日本の文化で誇れるものの一つとしてある「着物」。その中でも最上級を誇るのが花嫁衣裳の「打掛」である。ステージの中では、白無垢から色打掛への掛け替えや花飾りの創り、そして紅引きと装いの変化も魅せた。さらには、色打掛を纏う花嫁がステージ(ランウェイ)を歩き着物の歩き方や魅せ方を披露。フランス人を魅了した。観客が何十人何百人と立ち上がり、カメラを手にステージに近寄って撮影をしたりと大盛り上がり。まさに、スタンディングオベーション!日本の結婚式にここまで興味を示してくれるフランス人がこんなにもいるのか思うぐらい会場ステージ脇を埋め尽くし、1,000人を超える人だかりとなった。中には涙している日本人もいた。またブースも設置して、全国の世界遺産や神社仏閣、名勝などの一部も紹介。日本の和のロケーションとしても最適なところをパネルで貼って展示紹介した。
 今回のフランス・パリでの公演の目的は、日本人に世界に誇れる日本の結婚式をもっと大切にしてほしいと思ったのと同時に、日本の特徴が詰まった絵柄の入った民族衣装である「打掛」の素晴らしさを伝えていきたいと思ったからである。日本では「ナシ婚」と言われるような結婚式をしない方たちが増えてきている。世界的にも珍しい。結婚式の本来持つ意味を伝えると共に、カタチではない中身のある結婚式を推奨していきたい。
 この感動を日本へ逆輸入し、日本の若者へもっと日本の結婚式に興味を持ってもらう活動をしていきたいと思う。

■ フランス・パリ公演を紹介

■ 夜のパリを紹介

山口県立大学トークセミナー

山口県立大学トークセミナー
(テレビ山口tys・山口朝日放送yab 取材)

テーマ「写真の力」
―群れから抜け出すために写真で差をつける―
~起業家を支援するカメラマンからみた可視化と視覚伝達~

「写真の力」をテーマに~起業家を支援するカメラマンからみた可視化と視覚伝達~という内容で、山口県立大学で公演を行いました。

「カメラマンによる自分の魅せ方」
「就職活動で活き活きと自分を見せる」
「地元企業を支援するカメラマンによる企業での有利な自分の見せ方」 等、実際に撮影を交えながら学生の方達と楽しく講義することができました。
1枚の作品が人生を ビジネスを あなたを変える。
1枚の作品が人生を ビジネスを あなたを変える。